セラピスト アツコの腸セラピー

隠れ家セラピーにて保育士とのWワークでセラピストとしてデビューした、"セラピスト アツコ"、彼女のふくふくモフモフのハンドで癒された女子も多く、彼女たちのリクエストに応え毎週水曜18:30~最終受付22時、Ravenna隠れ家 腸セラピーオープン致します!

今月のオープンは27日。
21時以降は予約いっぱい、その前のお時間であれば予約可能です、お問い合わせください。

そして本日15日限定ですが、"🐶💰ヘッドセラピーTwenty minutes"を開催しています。
こちらの最終受付も……22時です!

お問い合わせ先:ravenna.guarig★gmail.com(☆→@に変えてください)
よろしくお願い致します。

『不完全な状況にピリオドを打つ』
3年ぶりくらいに手にした
大天使ミカエルオラクルカード……
祈ってびっくり!
恐ろしいくらいにぴったり😲
さ・す・が……

11月おとなの道徳プログラム

*秘教
スピリチュアルを正しく読み解き、日常生活に生かす方法を学びます。
・ 6日 水曜日 13時~15時 (満席)
・ 13日 水曜日 19時30分~21時

*瞑想
強制的に"無"を感じにいきます。
・ 6日 水曜日 15時~16時 
・14日 木曜日 19時30~21時

*バッチフラワーレメディ教室
38種類の花の中から自分の感情を読み解きます。
・ 14日 木曜日 10時30分~12時
・ 26日 火曜日 19時~20時30分

全プログラム、楽しくきちんと生きたい方を対象にしています。
❤ 2017年以降カウンセリング・リラクセーションを受けた方対象。
❤ 当プログラム参加者のご紹介者対象。
❤ リラクセーション・カウンセリングは下記アドレスにお申し込みください。
❤ 服装、持ち物、参加料等は、 ravenna.guarigione☆gmail.com 
☆を@に変えお問い合わせください。

お風呂

「お風呂はな、神さんからあずこうてる魂もうつくしくなりますように、と願いながらカラダを洗わないかん。
そうしてあろうたら、その日の汚い言葉も汚れた心も、きれいにきれいに流れていくんやに、わかったか?」
……うん、わかった。
「せやからお風呂は毎日入らないかんやに。」
うん!
「ほな、あろうてないとこあろうたろ。」
ありがとう、おばあちゃん。

龍神さん……弐

そのあと薫子さんは体調不良に陥ったり本当に大変で、その中でも私に具合悪くなるかもしれないから気をつけてと言ってくれた。
そして、「辛抱してください。」とも。

そう言われたということは何かあるんだなと思った。

しばらくして薫子さんにこの日は休みか?と聞かれ、たまたま休み(たまたまなんてことはもはやないのだけど……)で神事に付き合って欲しいと頼まれた。

わかりました。と即答したけれど、何をどうしたらいいかなんてわからないままだった。

当日を迎え、5人でその土地へ向かった。
薫子さんは喉が渇いた。とお茶を買いに行き、その場で飲み始める(そんな姿を見たことない。あらゆるマナーに精通していて買ったばかりのペットボトルをがぶ飲みするようなことはしない人なのだ。)
啓さんもこんなことない。
朝からずっとなんだよね。と言っていた。

土地のある駅に着き神事に必要な物品を薫子さんが揃えていく。
水を探さないと。とスーパーや道の駅に寄るがその土地の水がどこを探しても売っていない。
薫子さんと啓さんでナビを設定し向かったところはおかんじち湧水地だった。

"おかんじち湧水地"土地の人の一部はきっと大事にしているのだろう……そういう処はたいていひっそりとしている。
とてもきれいな水が湧いていた。
お堂がありお参りをして水に触れていた薫子さんが、「この水だ。この水を汲むためにペットボトル空にしたんだわ。みんなで持っていけるだけ持ってく!」と。5人それぞれが持っていたペットボトルに入れることにした。(今気がついたけど、みんな一本ずつ空にしたペットボトルがあったのだ。普通駅で捨てそうなものだけどそんなこともなく、誰かが飲み残していてもいいようなのにそれもなかったと思う。)

水を入れた後、また車に乗りその土地へ挨拶だけは済ませようと向かうことにした。
                              続く……

Ravenna exclusive writing atsuko.m

すこし、分けてください。

ええ神さん、わるい神さん

神さんがみんな"ええ神さん"と思たらいかんやに。
"わるい神さん"もおるんやに。

"ええ神さん"も"わるい神さん"も、いっぱい話しかけてくから、気ぃつけないかん。
ありがとうとごめんなさいとウソつかへん子には"ええ神さん"の声しか聴こえへん。
ウソつく子には、"わるい神さん"の声がいっぱい聴こえるんやに。
でもそれがわからんから、かわいそうなんやに。

わかったか?
「うん、わかった、ありがとう、おばあちゃん。」

神高い人

"隠れ家になる……Ravenna"の中に、「6年ほど前、神高い女性との出会いをきっかけに……。」とありますが、その神高い女性は本州から宮古島に移住した"水野しづえ"さん。
彼女との出会いは6年前の女性労働協会認定講習の時でした。

 6か月の女性労働協会認定講習会が終了し、那覇にいる彼女から電話が入りました。(その時は単身赴任で那覇に在住。)
「今週末"那覇"で待ち合わせしない?」
『えっ、"ナハ"??"なは"!?"那覇"!!』
「そう、"那覇"、そこから18時30分発の"宮古島"行きに乗るから、それに間に合わせてきてね。」

はぁ!?
"那覇" に "宮古島" って、どういう事?
私がどこにいるのか知ってる?
盛岡だよ、盛岡って東北、知ってる?
しかも今週末って、今日は日曜だよ……。

 彼女とは研修中ほとんど会話がなく挨拶程度、研修後初のホローアップ研修でランチの席が隣同士になり、しづえさんから「あっちの人?」って言われたぐらいで、ほとんど会話はなかった。
このことがきっかけで、"あっち同志"はろくに会話もしないで互いがわかるって、知った……笑

 で、 無謀な誘いだったけれど、 "あっち"からだったので行く事に決めた。

 マイルで花巻~宮古島で取れないかな?明日がマイルでとれる期限、なぜか3か月前からその日の月曜、休みを取っていた啓さんに相談。(これも笑)
「まず、難しい、ムリだね。」
『……明日午前中仕事だから、頼む!、取れなかったら、行かなくていいってことだから……とりあえず仕事いくわ、頼むね!』

 仕事を終え昼過ぎに戻り、パソコンとにらめっこしていただろう啓さんの顔を見て、これは"無し"だな、と。

 いえいえ、往復の花巻→伊丹→那覇→宮古島はマイルでJシートもゲット。
(花巻→伊丹以外はJシートの設置がないから普通席)この期間、マイルの旅にはマイル200ポイントプレゼント、と来たもんだ。
使ったのにプレゼント……(=゚ω゚)ノ
神さん関係とはわかっていたものの、 盛岡~宮古島、交通費無し、やった!よりも、畏れ多さを感じ、身震いした……ひとりでなく、啓さんと。

 このしづえさんとの出会いが、人生後半の私が見る景色を変えて行く事になった。

 ふたりとも、キャリアコンサルタントでもあります……w
いつも言っているように、人生100年、少子高齢の時代でWワーク率先!ってことで、しづえさんは書家としても活躍しています。
彼女の 味わいのある流れる文字は"龍"をも想像させられます。
http://shizuemizuno.com/  しづえさんのHPです。

 わたしたちの進化を絶えず進ませてくれている、手には掴めない世界がわたしたちのまわりにはたくさんあります。
あなたの"魂の水準"に似合った、人・事・場に出会えますように。

神の島 宮古島

祈り……

キジムナー……

今年もやってまいりました!

毎年の恒例、北海道盲導犬協会の2020年盲導犬カレンダー、届きました。

本体価格1,580円、本体価格1,280円 、
そのうち300円が盲導犬協会の寄付金になります。

盲導犬の勉強できます。
書きやすいマスです^^。

今年は、4年ぶりに協会に遊びに行ってきました。
老犬センターには、ティムがお世話になった職員さんが何人かいて、ハグの時には、ティム~!と、ティムじゃないのに抱き合って泣いてきました。
盲導犬の一生はボランティアのタスキ、たくさんの方に愛される一生です。
書いているだけで、泣けてくる💦

私はあかねちゃん、何月に写っているでしょ♡
カレンダーよろしく願いします!

kamigoto

久しぶりの神事。
場所は、那須塩原。

今年4月にワンコと一緒に温泉に入れるという宿を見つけて行った場所が、なんと"那須塩原"。

"神事"って導かれます、先に連れて行かれるんです……。
今回は依頼半年前に、しっかりと"那須塩原"のお水、風に触って来ていました。

那須塩原のkamigoto内容は、exclusive writing atsuko.mが “わかる人にはわかる話し”でお伝えしています。
長い内容なので小分けです*^^*

♨……好き♡

龍神さん……壱

先祖が買いそのままになっていた土地を綺麗にしたいと思う女性がいた。
彼女は様々な面で小堀薫子さんにお世話になっておりその相談もしていた。少し考えた薫子さんはその土地がある場所の役所に電話してみたら?といい、言われた通り彼女はその土地がある場所の役場に電話をかけ話はとんとんと進んでいった。補助金を利用して処分できることになったのだ。
それを聞いた薫子さんは、どうにかしたいと思って一歩を踏み出したから話がすすんだね、と微笑んだ。

土地は地元の業者によって更地にされていった。
話はそれでめでたしめでたしではなかった。

普段はそんなことをしない彼女が土地の前と後の写真を持って薫子さんに報告をしてきたという。

それを見て怖くて震えてそのまま返した。と薫子さんは言っていた。

その土地には井戸があり、そこも壊して埋めてしまっていた。

私もその写真を見せてもらったが、よくわからないけど怖くなった。

よくわからない理由を薫子さんはこう説明していたと思う。

「地球は呼吸しているの。私たちと同じように。水脈っていうのがあってそれは見えているところも見えてないところもあるけれど、いろんなところを走っているの。井戸はその水脈の一部で息をしているところ。水が湧いたりするのはとてもいいことなの。水があるから私たちは生活できるでしょ。でもそれを忘れちゃうのよね・・・。井戸を埋めるってことどういうことなのかわかるよね?」

絶句した。
そもそも今までそんな風に怯える薫子さんを見た事もなく余計怖くなった。
思わず出た言葉が「苦しいんだ・・・」だったと思う。

「そうなの。苦しいの。どうしよう。こわい。どうしよう」薫子さんはそう言っていた。
                              続く……

Ravenna exclusive writing atsuko.m