再びRavennaに……

おかえりなさい!ありがとう、という氣もちで彼女を迎えました。

正直、足が遠のいていた彼女がまた来てくれるなんて思ってもなかったです。

勝気な彼女は二人の子の母になっていました。

再びいらした彼女は、透き通るような美しい氣に包まれていました。

お互いの記憶を遡りながらたくさん話した後に、彼女は正直に自分の氣もちを言葉にし始めました。

『"天からのエネルギーを頂けるようになりたい。"

"他者を癒す、癒し手になりたい。"

"見えない存在を見えるようになりたい"』

……なぜ、そんな事を考えるようになったのかな?というより、本心を打ち明けない彼女が、なぜ本心を言葉にして伝えられるようになったのか?

以前来ていた時は、私の言葉がきつかった。でも、結婚し子供を生んでいろいろな社会とふれ合い、経験し考えていくうちに、以前、私に言われたきつい言葉が蘇るようになっていった。

そして、マタニティヨガの時に、自分が一番居心地が良いところを想像して瞑想しましょ……。目の前に見えたのが、ここRavennaだった。

予約までいけたのは、Ravennaに行きたい、でも……迷っている時に、真におこがましいですが、私が夢に出てきたと……笑

さぁ、彼女の思いを達成するためにのプログラム作成に取り掛かります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です