ウエサク祭

5月18日午後7時、京都鞍馬寺で行われます。

ウエサク祭ってなんでしょ。

☆5月の満月は天と地が繋がる時
☆仏陀が人類との接触をなさる、古の祭り
☆古い形態を破壊し、新しい再建の創造に繋がる祭
☆国連でも認定されている世界的な祭
☆生きとし生けるものの悟りのために天界から祝福のエネルギーが注がれる祭
☆天界と地上の扉が開いて強いエネルギーが注ぐ特別な意味のある祭

ウエサク祭が行われる鞍馬寺の本尊は『魔王尊』と呼ばれる、1800万年前にこの地球に降り立った金星から来たサナット・クマラです。
このサナット・クマラは、地球を守り導く存在の長です。
この方から ウエサク祭で エネルギーが注がれると言われています。

こんな方からのエネルギーが世界に流されるのに、なんでみんな幸せになれないんでしょうね、不思議……

金星から来たのか……サナット・クマラ……。
『そうよ!金星からいらしたのよ、サナット・クマラ。』って、coseさんが笑うんだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です