おばあちゃんの道徳

"ありがとう"は神さんに言う言葉。ありがたい事をもろたらいわないかん。
"ありがとう"がない人は、ありがたい事をもろおてないんやに。
せっかく神さんが"ありがとう"を言えるようにしてくれてるのになぁ……。
「そうなんだ、おばあちゃん"ありがとう"」

おばあちゃんの庭の赤い花

 自分にも孫ができる年齢になり、わが母も気が付けば85歳。
母は22歳の時、伊勢から二畳もある大きな桐の箪笥に、詰められるほどの反物と着物を入れて横浜に嫁入りした。
神社、宮大工、農業と母の実家は忙しく、母は二人の乳母のもとで育てられながら、踊りや三味線の習い事も嗜んだ。
そう、私からは想像もできないほどの、生っ粋のお嬢様だ。
桐の箪笥は、宮大工の彼女の父親のお手製だった。
 嫁いだ先は魚河岸屋で寿司屋、何もかもが畑違いの中で、嫁としての日々に心休まらず、桐の箪笥を眺めながら床につくのが何よりのやすらぎになり、たくさんの涙を流した、と話してくれた。
 ある日、何が癇に障ったのかわからないが、義理の父にその桐の箪笥と反物、着物をすべて燃やされ、旧姓、野村美和子は消えちゃった、と教えてくれた。
 彼女の里帰りは父が運転する車か新幹線、行くのはいいけれど、帰りはお母さんと離れがたく辛くて、手を振るおかあさんの姿が忘れられない、今も見える、って目を細くする。
 こんな母の切ない思い出話を聴かされて、母にどういう反応をしていいかわからなくて東日本大震災以来、横浜の実家から帰る間際には、母を必ずhugしながら"おかあさん、ありがとう"を必ず、するようになった。すると母は「あと何回こうしてかおるこちゃんを抱きしめられるのか……ありがとう。」って言う。
その後はいつも顔がぐちゃぐちゃになってしまって、タクシーを待たせている時なんかは、えらく大変になる。
 父に恥ずかしさを忘れ"ありがとう"って言えたのは、父の意識がうつらうつらし始めてからだった。こうして母に正面切って"ありがとう"って言えるように教えてくれた母のところに生まれてきて、ほんとによかった、と思います。

みなさんは大切な人にきちんと"ありがとう"って伝えていますか?

私の30年後……w

とっさの一言はどこから?

朝のニュースを観ながら朝食……🥗🥐☕
二人の前を何かが……

「あっ、飛んでる!」 kei
『だれが!?』    kaoruko
「もう朝からやめてよ~ ♪─O(≧∇≦)O─♪ 虫でしょ虫!」
『そだね、人は飛ばないね ( ̄∇ ̄) 』
「……飛んでたんだね、そういう時もあったんだね。」





最近の楽しみ♪

↓を利用して、御所湖の温泉へ、ふらっと行ってきた。

岩手の好きなところの一つに、『温泉行こうか」「そだね……」、って一時間もすると、♨場に着けるところ。

御所湖の周りには、ホテルや趣のある旅館がいくつかあって、それぞれ泉質が違う。昨日行ったところは、女性にうれしい、肌がつるつるしっとりになる源泉かけ流し♨。

湯船に浸かると、全身が真っ白、からだにまとわりつくエネルギーがぼわんとはっきり見えて、びっくりな泉質だったね。って一緒に行った、守人さんに言ったら、ぽかんとしてた。

湧出温度は46°、加温も加水もしていないで、そのまま浴槽に注いでいるので、内風呂はところにより熱く感じるが、私にはちょうど良かった。露天風呂は、ぬるく冷たいところがあって、暑い夏には楽しめるかな……(^^♪