現象界に現れる奇蹟の意味

瞑想の後。
手の甲の一か所だけ、なんだか冷たい……なんだろう……。
「手の甲のところが☆キラキラ☆光ってる!」 となりで瞑想していた武のあっちゃん。
なに!なに!?
みんなが訝し気に、どやどや寄ってくる。(特に森あっちゃんw)

「右手は冷たいのに、左手は温かい!」
「腕のところまで☆キラキラ☆!」
自分で見ていても☆キラキラ☆が増えてくる。
手の甲の皮膚が心なしか右手と質感が違う……。
何気に服で拭ってみる。
ほら、消えたじゃん!どこかでくっ付けて来たんだよ。化粧品にもラメって入ってるから。
「そんなの使ってないでしょ。」
あっ……うん。
消えたはずの☆キラキラ☆が一つ二つと手の甲や腕に現れてくる。
そのうち腕は輝きだし首や顔までも☆キラキラ☆ちょっと怖し😨

なんでこんな事が起こるんだ?めちゃくちゃ悩む啓。
薫子さんだからでしょ!っと森あっちゃんw。
ほら、ここにも!ここにも!ってニコニコしながら指さす武あっちゃん。
事の理解が出来ず、消えそうになる柏田さん。
ちっちゃい目で出てくる☆キラキラ☆を見ているしかない、私。

そうだ!
こんな時はCOSEさんに聞くのが一番!
プルルルル、プルルルル……もう寝たのかな、出ない。
それもそのはず、気づいたらもう11時近い!😲
キラキラしながらお開きに。

翌日、COSEさんから「どしたの~」
あのね、かくかくしかじか……
「いや~おもしろい!、楽しそう(^^♪いいな♬いいな♫。」
そうじゃなくて、教えて。
「それはね、…………」
えっ―-------!
やっぱりそうなのね……

この続きは次回のナイト瞑想で……


すぐにバチ

前から来た人の服がちょっと可笑しかったから、私のいたずら心がほほ笑んだ。

そしたらすぐこけた私……💦

うぉ~ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい……

そして、いつもありがとうございます、と何度も感謝……。

時間差がないお仕置きは、ほんとに怖い…… Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

生かされる意味

交通事故にあった。

みんな私が死んだと思った。

でも私は、無傷だった。

なのに三か月の入院。

ドクターは私の体のどこを見たのかな……。

この話になると、守られているんだね。
守護霊が強いんだね。
運がいいんだね。
と、軽いスピ系の感想……

生かせれる使命の重さを測れるものなら測ってみたい。

もうすぐ事故から14回目の春が来る。
私はその使命に応えられているか、知ることもできない。

こうして生かせれていることが……答えらしい……。
今、届いた。


ウエサク祭

5月18日午後7時、京都鞍馬寺で行われます。

ウエサク祭ってなんでしょ。

☆5月の満月は天と地が繋がる時
☆仏陀が人類との接触をなさる、古の祭り
☆古い形態を破壊し、新しい再建の創造に繋がる祭
☆国連でも認定されている世界的な祭
☆生きとし生けるものの悟りのために天界から祝福のエネルギーが注がれる祭
☆天界と地上の扉が開いて強いエネルギーが注ぐ特別な意味のある祭

ウエサク祭が行われる鞍馬寺の本尊は『魔王尊』と呼ばれる、1800万年前にこの地球に降り立った金星から来たサナット・クマラです。
このサナット・クマラは、地球を守り導く存在の長です。
この方から ウエサク祭で エネルギーが注がれると言われています。

こんな方からのエネルギーが世界に流されるのに、なんでみんな幸せになれないんでしょうね、不思議……

金星から来たのか……サナット・クマラ……。
『そうよ!金星からいらしたのよ、サナット・クマラ。』って、coseさんが笑うんだ。

薫子と行く!神さまと水を五感で巡る2日間

カテゴリーを、Work of Heart  か  Work of the soul  か迷った……

旅行会社でもない、バスガイドでもない私が、自分の名前が入るバスツアーの仕事をさせて頂くなんて、って事でカテゴリーは、"Miracle"にしました。^^

様々な仕事をさせてもらっていますが、まさか、まさか……です。

県北バスの柴田さんから『盛岡に観光客が来ても見せる場所がないから、どこかの建物のリノベーションを一緒にどう?』と、依頼があり、そのことで松本社長と話したのがきっかけでした。

私は盛岡に友達が来ると、連れて行きたい所がたくさんあるから、観光の仕事をしている専門家のこの言葉が意外でした。

社長とは初めてだったので自己紹介も兼ね、私の友達を連れて行くところ、まちづくりのきっかけになった老舗百貨店リノベーションや、先祖さんが陰陽師だとかの話をしました。

聴いている社長や柴田さんの反応を見ていて、もしかしたら専門家が見ている街並みや風景は、私たちとは違うのかな?と思っていたら、『薫子さんおもしろいわ~!』って社長が一言。

そこから早かった!

事業はトップと話してなんぼ!って思っていたことが現実になっていって、半月ばかりでチラシも出来上がり、当日を迎え、二日間笑いっぱなしで、無事ツアーも終了しました。

最後に『あー楽しかった、終わっちゃった……』の言葉を聴いたバスの運転手さん、『酒を飲んでないのに、こんなに賑やかなバスツアーは初めてだよ、またやったらいいんだ!』ってお褒めの言葉を頂きました(#^.^#)……第二弾、企画中です!

まだまだ楽しめる、バスツアー満載のチラシをどうぞ!