Ravenna of diversity

盛岡にいる陰陽師に会いに行こう!ってタイトルwで 先日、名古屋出身山伏の清乃さん、テキサス出身お坊さん&科学の研究者Glen、曹洞宗藤源寺28世住職の良規さんがRavennaにいらっしゃった。
それに応え、こちらも今回は"陰陽師"として出迎えた。
彼らはそれぞれがそれぞれの世界でピンで立てる愉快な方々……素敵☆彡

このお三方ね。

仙台で山伏対談があり、その足で盛岡に来てお昼は、東屋でわんこをして、そそくさと重いお腹を抱えてRavennaに。

清乃さん と良規さんが私の話で笑い、笑った後にGlenに通訳。
ふたりは、薫子さんの話を英語にするの難しい、そうだよね~あんな事に対応する言葉はないなぁ~、って言いながら、なんとか伝える。
何とも、もどかしい時間を過ごしたw

『いつからこんなこと出来るようになったの?』
  わかんない!(笑
『なんでこんなことできるの?』
  生れつき!(笑
『なんかこう、コースみたいのはあるの?』
  ないよ~!(笑
『カラダからなにが出てるの?』
  わかんない!(笑
『お迎えが間違えるぅ~~~ ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘ 』
  そぉなの♡(笑い
『痛いのが……なんで???』
  良くなったからいいじぁん!(笑
『前に会った事ありました?……』
  3千年前くらいかな。
『 Σ( ̄。 ̄ノ)ノ』

『"陰陽師"ってこんなCASUALなの~~~ ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3 ?』

清乃さんとは神尾学氏主催の石垣リトリートで出合ったのが2年前、同部屋で4日間夜中まで、あっちの人なんで話は絶えなかった。(笑
同じキャリアコンサルタントって事も距離を近くした。
集まったメンバーもそれなりの意識階層にいたから、 豪快にありえない事が次々嵐のように起きた 。
笑ったし泣かしたし怒ったし……同志はほんとに心地良し。

立場も生きている場も違う、禅のお坊さん、山伏、陰陽師だけれど、このメンバーだからこその意識層を行ったり来たりで会話をしているのが、自然体だった。
そして、今まで言葉にしたこともない事、"こっちでは劣等生だけど、あっちでは優等生"なんて言葉もポンと口をついて、爽快感に包まれた。
よく笑った(#^.^#)

近い意識層での会話は、目に見える部分ではなくエネルギーで会話できる。そんな不思議な心地良さを、Ravennaでお勉強しているみなさんにも体験して欲しいなぁ、と思った次第です。

良規さんが"CASUAL陰陽師"笑いながら命名してくれましたん ……٩( ᐛ )و

あったかいんだから……W

俺もあったまりたい……
あったかくて、めちゃいい笑顔
で、あたしも……
公園にいつも来る男性……
寒くないかな……?
♡I am happy ♡

寒い冬に合わせて、Ravennaのnew program"👣Foot bath👣"
みんな、どこもかしこも💛ぽかぽか💛

今日の出来事

今日は朝から新車の浄め。
浄めの意味を口説く説明し、納得してもらってから行う。
一連の流れが終わっても、他の話に飛び火し大笑いの連発!

新車浄めにいらしたK子さんは、隠れ家のセラピーからRavennaを知り、Ravennaのプログラムを、有難いことに様々お試し頂いている。
New faceなのでRavennaのこと、カジュアル陰陽師の事がいちいち気になるらしい……(*^^)

今日は、あの事とその事を話した。
で、大笑い。

New face さんには、むかーし、むかーしの事から話す。
どこで?だれと一緒だった?それはどんな風だった?何歳のときの事?……と。
聴いている New face さんは、よほど楽しいのか大笑い。
どこまでわかって想像できているのか、わからないけれど私も笑っちゃう。
でも、話し終わった時、なぜか歯がゆい。
なんでだろう……
それはね、この世で起きた事ではないから、この世の言葉で表現できない、そのもどかしさを感じながら話しているから。
この世の言葉では説明できない…… (๑˃̵ᴗ˂̵)

でもね、ほんとうのスピリチュアル、オカルトを伝えるには今世で私がこの緒体を使って経験させてもらった事を伝えるのが手っ取り早く、理解が進む。
しかも笑いながら、生まれてきた意味や役割、カルマも知れる。
こんな一石二鳥な事をさせてもらっている私は、この使命を楽しみながら全うします……!(^^)!
ずっと変わらずそうなんだけれど、 New face が現れると気持ち新にです。

今日は我が家の家族、
政之助くんの10歳の誕生日♪
これからも楽しく行こうね!
よし!

kamigoto

久しぶりの神事。
場所は、那須塩原。

今年4月にワンコと一緒に温泉に入れるという宿を見つけて行った場所が、なんと"那須塩原"。

"神事"って導かれます、先に連れて行かれるんです……。
今回は依頼半年前に、しっかりと"那須塩原"のお水、風に触って来ていました。

那須塩原のkamigoto内容は、exclusive writing atsuko.mが “わかる人にはわかる話し”でお伝えしています。
長い内容なので小分けです*^^*

♨……好き♡

"シュ、シュ"

「"シュ、シュ"、すりゃいいってもんじゃないのよ。」
最近のCleansingスプレー使用過剰が話題になった時のcoseの一言。

 Cleansing になるような事はたくさんあります。
Ravennaのプログラムだったら、ヒーリング・カウンセリング・レメディ・秘教・瞑想……と。
受けた時はみなさん、ルンルンです。(場合より落ち込みます……。)
本人も感じ、こちらもそれを受け取れます。
そういうルンルンの方がいう言葉があります。
「Ravennaの玄関を出ると汚れる……。」
『あは、そうなんだ。だから、"シュ、シュ"したくなるのね。』
「そうなんですよ!」
で、みんな、『そんなんじゃ、だめでしょ!』って、叱られる。W
15年近く叱られ続けている方もいますね^^ゞ
どうしたらいいのでしょうか?
 受けただけ、学んだだけ、になっているのです。
その後に、みなさんとどれだけのコミュニケーションカウンセリングをしていますか?
そのコミュニケーションカウンセリングの中では意識の変化を促すために、笑ったり叱られたり泣いたり思案したり、様々な事に気づかされたり、してませんか?
 是非とも、 受けただけ、学んだだけになってしまわないように、それを活かして以前とは違う意識をもって日々、生きて行って欲しいのです。
 そうすることにより、今までとは違う意識層にとどくはずです。意識層が変わるという事は、意識に変化があったという事、多少なりともエネルギー体がcleansingされた結果です。簡単に伝えると、トラブルが少なくなり、悩むことなく毎日過ごせるという事。他の伝え方だと、この世に生まれたきた意味や目的が徐々に理解でき、その事に向かって勇往邁進、という事です。
 Cleansing は、"シュ、シュ"だけではないという事、努々お忘れなく。

キャリア構築

 Made to order Soul cleansing が終わりました。
 キャリアコンサルタントとしても仕事を担っているので、この企画に関わるセラピスト二人のキャリア構築の機会でもありました。ふたり共本職があります。
 人口減少に伴い労働力人口の減少が進んでいる現状で、今までと同じことをしていても、今の生活がいつまでも続くとは考えられません。人生100年時代の到来により、今の仕事を元気で90過ぎても手掛けられる人がどのくらいいるのでしょう。今の仕事、いつまで意欲をもって働ける?。定年後に新しい仕事を身に付けるなんて、体力・思考的に考えてもムリ。やった事のない事を定年真近から始めても、ものになるかわからない。じゃ、今、興味あるものに少しづつ手をかけてみない?と、キャリア構築の提案を日々、二人にも伝えていました。
 もうちょっと付け加えると、元気で社会のために仕事ができることは、自分や家族のためでもあり、日本の社会を作っているとも言えます。なんやかんや言ったって、税金を払わなきゃならんのです、私たち国民は……。それで日本が動いているのですから。自分が今、何が出来るか、考える必要もあることもRavennaにいらっしゃる方には、伝えています。癒しの場なのにね Ravenna ……^^ゞ

むくみ解消
疲労回復
ハイビスカスティー
ミントティ
手作り無農薬
ラベンダーティ
これも手作り無農薬

Ravennaの飲み物は、手作りでおいしく元気になると皆さん仰います。
カップもその方のその日の雰囲気からチョイスしています♡

 自分にも孫ができる年齢になり、わが母も気が付けば85歳。
母は22歳の時、伊勢から二畳もある大きな桐の箪笥に、詰められるほどの反物と着物を入れて横浜に嫁入りした。
神社、宮大工、農業と母の実家は忙しく、母は二人の乳母のもとで育てられながら、踊りや三味線の習い事も嗜んだ。
そう、私からは想像もできないほどの、生っ粋のお嬢様だ。
桐の箪笥は、宮大工の彼女の父親のお手製だった。
 嫁いだ先は魚河岸屋で寿司屋、何もかもが畑違いの中で、嫁としての日々に心休まらず、桐の箪笥を眺めながら床につくのが何よりのやすらぎになり、たくさんの涙を流した、と話してくれた。
 ある日、何が癇に障ったのかわからないが、義理の父にその桐の箪笥と反物、着物をすべて燃やされ、旧姓、野村美和子は消えちゃった、と教えてくれた。
 彼女の里帰りは父が運転する車か新幹線、行くのはいいけれど、帰りはお母さんと離れがたく辛くて、小さくなっていく手を振るおかあさんの姿が忘れられない、今も見える、って目を細くする。
 こんな母の切ない思い出話を聴かされて、母にどういう反応をしていいかわからなくて東日本大震災以来、横浜の実家から帰る間際には、母を必ずhugしながら"おかあさん、ありがとう"を必ず、するようになった。すると母は「あと何回こうしてかおるこちゃんを抱きしめられるのか……ありがとう。」って言う。
その後はいつも顔がぐちゃぐちゃになってしまって、タクシーを待たせている時なんかは、えらく大変になる。
 父に恥ずかしさを忘れ"ありがとう"って言えたのは、父の意識がうつらうつらし始めてからだった。こうして母に正面切って"ありがとう"って言えるように教えてくれた母のところに生まれてきて、ほんとによかった、と思います。

みなさんは大切な人にきちんと"ありがとう"って伝えていますか?

私の30年後……w

意思有るもの

あれ?この微細な震えは何?
外出先でかた焼きそばを食べた後だった。
あたるようなの入ってた?
牡蠣アレルギーだから、オイスターソース?そうだとしてもいつもとは違うかな?この感じ……歩きながらもずっと微細な震えは続く……。

体のむくみが気になり白米から玄米食にして10年余り、いつしか玄米に合う野菜中心の食生活に代わり、においにも敏感になっていった。
食卓からにおいのする食材も徐々に消えていき、色とりどりの野菜が食卓を賑わすようになっていった。

野菜中心に無理がなかったのは、 家族が同じ思いになってくれたこと。
そして、岩手の伝統工芸の南部鉄器で焼く、岩手の野菜の美味しさが、意思の有る食材との距離を抵抗なく作ってくれていった。

感情体の霧にもよるけれど、体の中に自分とは違う意識体が入ると、こうなるんだって教えてもらえた、ありがっと!(^^)! 感謝♡
あともう一つの顕著な現象は、寝むれない!意識は眠いのだけれど、カラダが別物になる……これは結構きついな!(*’▽’)!

こんな感じもいい
あっ、エビ
エビには意思がある?

お知らせ

 この度、FBを辞めました。 この記述はわたしのFBを使用しての考えです。

 秘教を学んでいる仲間ならば、「現実社会で表に出て自分の価値を知ったり、測ったりしても何も意味がない、そういった事をし続けて行けば行くほど、自分の魂の進化とかけ離れていくばかり、と感じて来たから。」と説明すれば理解してもらえると思います。

 FBで盛んに発信していたのは、まちづくりの仕事をしていた事も関係します。
セミナー参加者募集もできるし、岩手県内のまちづくりに関する情報や、仲間や自分のまちづくりの考えについても容易く伝えることが出来た。楽しかったし、たくさんの人とも知り合えた。でも今は、そこになにも感じなくなり、まちづくりの仕事も終了です。
 まちづくりの仕事は大変でした。
私の力量不足も大いに関係していま すが、まちづくりはそこに住んでいる人が問題意識を持ちはじめて進んでいけるものです。
 だらしない市町村との関りで片付いていない事は、きちんと整理はします。彼らには、きちんと現実的な部分で責任は取ってもらいます。
迷惑をかけている仲間には申し訳ない事ばかりです、ごめんなさい。

 肉体を持って生きているから、人としての生活や行動を辞める事はできないので、今まで通り生活はしていきます。でも、そうできるのは家族や周囲の仲間の理解があるから出来る、そこに対しては、思いっきりの感謝とたくさんの奉仕で表現していきます。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

魂が乗る器は美しく……

魂が乗る大切な器を美しく保つために、久しぶりにプールに行こうかな~、と。
無理をせずに先ずは一週間に一回 !(^^)!
昔の古傷に加え、加齢が重なって……トホホな状態……w
長年使っていると何でも古くなってくるのね……

肉体を鍛える事は、エーテル体の浄化になります。
浄化されるからといって過度の運動などはいけません。
ほどほどが良いようです……ほどほどです。
そして何事も"中庸"……何事も……。

昔取った杵柄……W