それを支える気持ちはなに?

今年度は、まちづくりの県の事業や自身発案の、”あたしのリノベーション®” “女子限定!リノベプロジェクト®”のセミナー講師として登壇する機会を多く頂いている。

まちづくりの講演で一緒に登壇する講師陣は、リノベーションを建物からの目線で活動しているので、事例紹介となると、建物が変化していく様などを紹介する。

築100年近い古民家、昭和初期の住宅、コンテナ……などが、 リノベーションされていく姿が写真、スキームから見えてくるので、わくわくしてきて、そうなっていく手法を自分のものにしていきたいと、参加者は思う。

私はというと、まちづくりは “ひと” づくりからというアプローチなので、プレゼンの中身は、プロジェクトに参加している女子の悩む表情や、それがいつしか笑顔溢れる表情になっていく写真、その状況がなぜ生み出されるか、といった言葉が並ぶ。

そして、そういった講演会終了後には、講師陣と参加者の お決まりの 名刺交換会が賑やかに行われる。

正直、私はこれが嫌い。名刺の整理がへたっぴ、という理由もあるけれど、ほとんど私のところには来ないからだ。

でもそんな中で、私の所に来る希少な方もいる。

その希少な方は、私の言わんとしている事を、魂で理解している方だ。

こういった現象は、今の世の中がいかに “物質至上主義” なのかという事に触れさせてくれる、大変いい機会になる。

冷え切った建物やまち並みの事を自分の頭で考え、自分の資金を投入したりして、まちに賑わいを呼び起したり、取り戻したり……誰もやっていない事に手をかける勇気、 そして、それを持続していく力に、だれも目を向けれない。見える部分にしか興味が湧いてこない。手法だけ手にすれば自分にも出来る思い込み。それが正しいのであれば、日本中のシャッター街、遊休不動産がリノベーションまちづくりによって、賑やかになっているはずだ。

だから、建物からリノベーションを手掛けている個人の継続出来ている、モチベーションを知るところから、まちづくりを考えて行かないと、日本の様々な大切なことが失われていくに違いない。次世代に繋ぐまちづくりなんて、絵空事になってしまう。

本人たちが自覚していないから、事を動かせた時の、大切な最初の一歩の踏み出せたモチベーションを他者に伝えられてない。それが表面的な事柄に興味を注いでしまう流れになって行っていることに気づくべき。そして、まちづくりをしている本人にも、自身が “高い志” を持っていることを自覚して欲しい。

最近の楽しみ♪

↓を利用して、御所湖の温泉へ、ふらっと行ってきた。

岩手の好きなところの一つに、『温泉行こうか」「そだね……」、って一時間もすると、♨場に着けるところ。

御所湖の周りには、ホテルや趣のある旅館がいくつかあって、それぞれ泉質が違う。昨日行ったところは、女性にうれしい、肌がつるつるしっとりになる源泉かけ流し♨。

湯船に浸かると、全身が真っ白、からだにまとわりつくエネルギーがぼわんとはっきり見えて、びっくりな泉質だったね。って一緒に行った、守人さんに言ったら、ぽかんとしてた。

湧出温度は46°、加温も加水もしていないで、そのまま浴槽に注いでいるので、内風呂はところにより熱く感じるが、私にはちょうど良かった。露天風呂は、ぬるく冷たいところがあって、暑い夏には楽しめるかな……(^^♪

幾度も伝えてくれるありがたさ

 水辺に馬を連れて行っても、馬引きが馬の代わりに水を飲むことは出来ない。

 天の磐屋に隠れてしまったアマテラスオオミカミを引っ張り出すために、アマノウズメがおもしろおかしく踊り、ほかの神々がそれをはやし立てても、その磐屋のおおきな重い戸を開けるのは、だれでもないアマテラスオオミカミ。

 これは名だたる三ツ星レストランのシェフが作った料理です、と言ったところで、じっと見ているだけでは、その美味はわかりません。ナイフとフォークを手にし、 自分で 口元に料理を運ばないと、その美味しさはわかりません。

 夢にお釈迦さんがジャーン!っと出てきて、あなたの悩みにスラスラ答えてくれても、うん、うん、ときいているだけでは、あなたの悩みは片付きません。自分で実行しなければ、自分の悩みは消せません。

頼む……

誰かをあなたのメモ帳にしてませんか?

私はあなたのメモ帳でない!

何でもかんでも聞いてきて、自分で考えようとは思わないの!!

地球人丸出しのいかり……


来週から始まる怒涛の日の前の、今日と明日は、じっくり休める貴重な時間なのに、こんなくだらないでやりとりで、午前中が費やされてしまった……

そりゃーね、仕事をしていると分からない事で躓く事もあるさ……完璧でないから今世で、今の肉体をもらって来ているのだから、失敗も躓きも仕方ない。

でもそれを自分で考えもしないで、すぐ聞いてくるだけではダメでしょ。

なんでやっちまったか、先ずは自分で考えようよ……

前にこんなケース、なかったかな?って。

謝罪するだけでは、魂の進化はのぞめない、って聴かされているでしょ……

薫子と行く!神さまと水を五感で巡る2日間

カテゴリーを、Work of Heart  か  Work of the soul  か迷った……

旅行会社でもない、バスガイドでもない私が、自分の名前が入るバスツアーの仕事をさせて頂くなんて、って事でカテゴリーは、"Miracle"にしました。^^

様々な仕事をさせてもらっていますが、まさか、まさか……です。

県北バスの柴田さんから『盛岡に観光客が来ても見せる場所がないから、どこかの建物のリノベーションを一緒にどう?』と、依頼があり、そのことで松本社長と話したのがきっかけでした。

私は盛岡に友達が来ると、連れて行きたい所がたくさんあるから、観光の仕事をしている専門家のこの言葉が意外でした。

社長とは初めてだったので自己紹介も兼ね、私の友達を連れて行くところ、まちづくりのきっかけになった老舗百貨店リノベーションや、先祖さんが陰陽師だとかの話をしました。

聴いている社長や柴田さんの反応を見ていて、もしかしたら専門家が見ている街並みや風景は、私たちとは違うのかな?と思っていたら、『薫子さんおもしろいわ~!』って社長が一言。

そこから早かった!

事業はトップと話してなんぼ!って思っていたことが現実になっていって、半月ばかりでチラシも出来上がり、当日を迎え、二日間笑いっぱなしで、無事ツアーも終了しました。

最後に『あー楽しかった、終わっちゃった……』の言葉を聴いたバスの運転手さん、『酒を飲んでないのに、こんなに賑やかなバスツアーは初めてだよ、またやったらいいんだ!』ってお褒めの言葉を頂きました(#^.^#)……第二弾、企画中です!

まだまだ楽しめる、バスツアー満載のチラシをどうぞ!